ブレスマイルの有効成分

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレスマイルのその他の有効成分(2)

ブレスマイルのその他の成分2

続いてブレスマイルのその他の成分の解説となります。

 

微粒二酸化ケイ素

微粒二酸化ケイ素は吸湿・乾燥材としても使用され、とくにふりかけなどの粉形食品には湿気って“ダマ”になるのを防ぐ目的で添加されることが多いです。

微粒二酸化ケイ素は、現在日本における食品添加物として厚生労働省より使用が認められています。

 

食品添加物として粉末の調味料等が湿気を吸ってダマになることを防ぐ目的などで使用されます。

 

また、湿度を吸収して、サプリの品質が悪化させない働きもしています。

 

微粒二酸化ケイ素は、シリカとも呼ばれるグループの1つです。

 

シリカはその吸着性を利用してビールや清酒、みりんといった醸造物や食用油、醤油、ソースなどのろ過工程に使われるほか、砂糖、缶詰などの製造工程にも用いられています。

 

微粒二酸化ケイ素は吸湿・乾燥材としても使用され、とくにふりかけなどの粉形食品には湿気って“ダマ”になるのを防ぐ目的で添加されることが多いです。

 

ただ、厚生労働省の告示の中で「母乳代替食品及び離乳食に使用してはならない」と使用基準が示されていますので、念のために乳児には利用しない方が良いでしょう。

 

しかし、ブレスマイルを使うのは大人、または青少年以上だと思いますので、問題ないと思います。

 

通常は、体内で消化吸収されず排出されるため身体に害はありません。

 

ゲッケイジュ葉エキス

ゲッケイジュ葉の活性成分は口臭予防にも高い効果が期待出来ます。

月桂樹(ゲッケイジュ)の葉を乾燥させたものをローリエ、ローレル、ベイリーフなどと呼んでおり、古くから香辛料として利用されています。

 

ゲッケイジュ葉エキスは、米国食品医薬品局(FDA)によって、GRAS(一般的に安全と見なされる物質)と認定されています。

 

また、日本では「食品添加物−天然香料基原物質」として厚生労働省に認可されています。

 

ゲッケイジュ葉の活性成分は、抗歯周病菌成分として知られる「ヒノキチオール」とほぼ同じ程度の抗歯周病菌活性があると言われ、口臭予防にも高い効果が期待出来ます。

クエン酸

ポットや水筒の掃除に、また、疲労時の疲労回復にいいとして有名なクエン酸です。

 

爽やかな酸味を持つことから食品添加物として多用されています。

 

クエン酸は、日本薬局方収載品であり、薬局などでも市販されている安全・安心な成分です。

 

クエン酸は酸性なので、カルシウムなどを溶かしたり、アルカリ性の物質を中和したりする働きがあります。

 

アンモニア臭もアルカリですから、これを中和して消すのも得意です。

 

香料

ブレスマイルの香料はメンソールです

香料に関してのメーカーの公式なアナウンスとしては以下のようになっております。

 

 

「香料」=「メントール」でございます。


これは、ブレスマイルのすっきりとして爽やかなミントの香りを出す為に使われています。

 

日本薬局方、食品添加物公定書で規定された安心・安全なものです。

 

医薬用の他、お菓子用、香粧品用、タバコなど、さまざまに使われています。

 

メントール(〈ドイツ〉Menthol)
薄荷油(はっかゆ)の主成分。モノテルペンのアルコールの一。特有の爽快(そうかい)な香味をもつ無色の針状結晶。メンソール。
デジタル大辞泉

 

メントールを多く含むことで知られる、ハッカ草は3,000年以上も前にエジプトで栽培されていました。

 

ハッカの油は富豪の香水風呂に用いられたり、庶民はハッカの葉を傷口の治療に使っていたと言われています。

 

鉄クロロフィリンナトリウム

ブレスマイルの成分、鉄クロロフィリンナトリウムは羊羹にも使われます

鉄クロロフィリンナトリウムは葉緑素のマグネシウムを鉄に置換し、アルカリ加水分解して得られる安定な水溶性色素です。

 

また、メチルメルカプタンやアミンに対して高い消臭作用が確認されています。

 

厚生労働省の食品添加物の分類としては着色料となります。(緑色)

 

羊羹、そば、キャラメルや冷菓等に利用されています。

 

更新情報

当初、「鉄クロロフィルナトリウム」と誤記されていましたが、のちほど修正されます。(2018/06/12)

 

ブレスマイルの食品アレルギーについて

ブレスマイルは一部に大豆、乳成分を含むのでアレルギーをお持ちの方はご留意下さい

 

ブレスマイルの表示には、「一部に大豆、乳成分を含む」とあります。

 

すので、アレルギーをお持ちの方は、念のためかかりつけ医に相談した方が良いでしょう。

 

どんなに良いサプリで、口臭に効果があっても、アレルギーを起こしてしまっては意味がありません。

 

お医者様に「OK」をもらったら、ブレスマイルを試して、その効果を実感してください。

 

また、ブレスマイル公式ページでは、どんな質問、悩みにも答えてくれるサポートページ(WEB、メール、電話)がありますから、それを利用して、ブレスマイルの効果的で、安全な摂取法を聞くのもいいと思います。

 

 

 

ブレスマイルは口に含んですぐに効果を発揮する即効性と、口内環境と体内環境を改善していくことで口臭を解決する側面とがあります。

 

有効成分は、それぞれの役割を持ってブレスマイルに含まれています。

 

ブレスマイルは厚生労働省による食品と同じ基準に従っていますので安心です。